自分がAGAだと知った社会人

社会人2年目となり、仕事のストレスにより抜け毛が多くなりました。枕元にも抜け毛が沢山あり、また髪を洗っているだけで毛が抜けることがありました。当時の年齢が25歳だったのであまり気に留めていなかったのですが、「AGA」という薄毛症をネットで知ってからは自分もそれなのではないかと思いすごく不安になりました。気になったので病院で診てもらうことにしました。
頭皮に特殊なカメラを当てられ、自分の生活習慣について質問されました。診断の結果としては、「AGA」でした。毛根が年齢の割に大分死滅しているとのことでこのまま放っておくとはげている箇所が広がり、目立ってしまうと医師から言われました。「まあ、薬を使えば治るだろう。CMでも良く流れているから多少はお金がかかるけれど仕方ない。」と思っていました。
しかし、医師からは更に衝撃的なことを言われました。それは、スカイプDなどの育毛剤や薬では薄毛の促進を遅らせることしか出来ないということです。また、治すには頭部に注射を数回に分けて打つしかないが、それには100万円近く費用がかかりますとも言われました。自分はショックで呆然としてしまいました。見た目は全く剥げているようには見えなかったのに、そこまで深刻な状態になっているとは思いもよりませんでした。正直、適当に診察を受けて育毛剤だけ貰って帰るつもりでいました。使用した育毛剤はチャップアップ ヤバ過ぎるにまとめてあります。
100万円をローンで分割払いすれば月額2万円程度で済むと言われたのですが、社会人2年目で貯金もほとんどなかった自分にとっては出費が増えることにも大分抵抗がありました。悩んだ末に、今回は薬を処方してもらうことにしました。処方してもらったのは、ミノキシジルとスカルプDです。これだけでも5万円位はかかりました。2週間程使用してみると確かに抜け毛が減った気がしました。そして、腕の毛が今までよりも増えたので驚きました。実家暮らしだったので、風呂場に育毛剤を置くことがとても恥ずかしかったです。親は気を遣って何も触れないようにしてはくれました。
少しずつではありますが、今までよりも抜け毛が減ってきてはいるので、診察を受けて良かったとは思いました。ですが、失った毛根については、元には戻らないので注射を打とうかどうか度々悩むときがあります。現在は薬を度々処方してもらいながら薄毛の進行をどうにか遅らせています。市販の薬品の方がコスパもいいのですが、自分の頭皮に合わなかったらという不安が強く、現状を変えることに大分抵抗があります。これがきっかけで、食生活を見直し運動をするようになったので、生活習慣は少しずつ改善してきました。悪いことばかりではないのだと少し思いました。