任意整理には職業制限や資格制限はありません

任意整理の手続きでは、まずその利息をカットして元金のみの返済とします。その結果、返済総額は確実に減りますし、毎月の返済額も軽減されます。さらに手続き後は元金のみの返済になるため、支払った額だけ借金残高が減る点も大きなメリットです。

いわゆるブラックリストに入りするのことで(個人再生・自己破産は約10年)、期間中はクレジットカードを作ったり、住宅ローンやキャッシングの利用ができなくなります。

任意整理をすると、原則として取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算すること(引き直し計算)で減額された元本のみを分割して返済すればよく、将来の金利や遅延損害金を返済する必要がなくなります。

借金の返済のために借金を重ねる状態を「多重債務」といいますが、このように借金の返済に無理がある状況であるならば、早急に債務整理を行う必要があります。

いずれの手続についても、説明はあくまでも概要にすぎず、厳密な定義ではありません。それぞれの手続にメリットとデメリットがありますので、手続の比較、ご不安な点などについて、弁護士や司法書士等の専門家と相談し、どの手続が良いのか検討するとよいでしょう。

消費者金融やクレジット会社などの借入れ業者1社1社と弁護士が交渉して、原則、将来にわたる利息を免除させた上で、3~5年程度の長期分割払いの和解契約を締結します。このため、ご自身でこれまで通り利息を含めた支払いをするよりも、結果として支払総額が少なくなります。